kyokoのひとりごと〜夢は続くよどこまでも〜

2022年10月15日

食と結びつけたかった!!

料理大好き💖
美味しそうに食べてもらうことが大好き💖
いっぱい作るのが大好き💖

そんな私が材料にこだわってこだわって
吟味して選び抜いた特別な食材たち
愛情を込めてみんなのお腹を満たす…

こんな展開になるとは
もうワクワクしかありません
生きてきた道のりがずっと繋がってるのね…

父のお膝でご飯を食べていた幼少の頃
「京ちゃんの好きなものは何?」
「卵かけご飯」
「卵焼き」
そんな答えをしていた私が
ずっと長い歳月を経て
いまたまごにこだわって、こだわって生み出した
ぜっぴんたまごサンドで皆さまのお腹をいっぱいにします

就労継続支援B型事業所をすると決めた時
すぐ頭に浮かんだのはたまごサンド
あっこれや!!
神降臨です✨✨✨
そんな私の破天荒な夢に
すぐ「なんでも手伝うよ!!やろう!!」と
一緒の船に乗り込んでくれた大学時代の友人と
「もう私たちたまごサンドはこれ以上食べれません」
と何回思ったかしれないぐらい
作っては食べ、食べては作りを繰り返し
もうすぐ皆さまの元にお届けできます
大東のぜっぴんたまごサンド

こだわりのたまごは…

なんと私の実家がある大分県からはるばるやって来ました!!
こだわりの✳︎ネッカリッチ卵
その卵をふんだんに使って生まれたのが<ドゥ・マンマ>の
ぜっぴんたまごサンド
「もう私たちたまごサンドはこれ以上食べれません」の結晶です
とまた大袈裟な〜〜(笑)
でもこれほんと、
LINEのスタンプはお腹いっぱいのスタンプが飛び交いました(笑)

ひっそりとパンにもこだわりました
パンも食べて・食べて・食べたおして決めました(笑)
有名珈琲店のサンドイッチに使われているパン
それを独自の厚さにこだわりました
1枚のグラム数までパン屋のイケメン担当さんに
つめよりました😅
一歩も譲らない大阪マダム

もうマヨネーズに至っては私たち飲みました(笑)
たまごサンドにした時のパンチ・酸味・粘度
うるさいこと(笑)うるさいこと(笑)
こうやって生まれた大東のぜっぴんたまごサンドは
<ドゥ・マンマ>の看板商品です

ドゥ・マンマの名前の由来

私の造語です
そもそもDOUX ドゥはフランス語で「穏やかな」とか「ここちが良い」と言う意味
ホッとしてもらえる穏やかな場所になりたいなぁ〜と漠然と思いました
そしてマンマはイタリア語
お母さんです
「穏やかなお母さん」は努力目標ですが💦

フランスもイタリアもごちゃ混ぜでいいやん
なんとなくの耳触りが良くて覚えやすいええやんこの名前!!
ねこまんまっていったりもするし日本語のまんま(ご飯)もかけて
ごちゃ混ぜ大歓迎!!

そんな感じでたまごサンド店の名前が決まりました!!

ドゥ・マンマのオープンも11月1日(予定)
この日は大安吉日・おまけに一粒万倍日!!

オープンまであと少し
ワクワクです💖


ネッカリッチ製法とは
✳︎原料は南九州特産の樫・椎などの常緑広葉樹皮です。
樹皮は時間をかけて低温度で炭化し、動植物に最適な軟質炭素へと炭化処理します。
炭化過程で採取された煙を冷却することによって得られた木酢液は、バイオマス変換技術を駆使し、専用タンクで3~5年かけてじっくり熟成させます。
軟質炭素末と精製木酢液を一定の割合で混合させ、約280種の有機酸・有機化合物群と10余種のミネラルを無定形炭素に吸着させたユニークな植物性混合飼料「ネッカリッチ」が誕生します。
そのネッカリッチを餌にして生まれたのがネッカリッチ卵



皆さま今日もハッピーな1日をお過ごしください💖

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ統計情報

  • 104,295 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu