嵐が行くその日の朝に…

本日2週間ぶりのひとり時間

気になりすぎる仕事に封印して
「ママ私たちはまだお正月やねんから」という
娘みそじの言うことを聞く私

そのみそじも長いお正月を自宅で過ごし
めでたく(あっちゃう😅)寂しいことに
花の大東京(昭和ちっくな言い方ですが)に土曜日に旅立ちました

そやねんけど、その日の朝〜事件!事件!事件や〜💦

朝早起きして
頼まれていた豚肉の山椒煮を作りながら
どうも喉が痛い私💦
夜中から頭痛くて喉痛くて
なんか嫌な感じ💦
熱計ってみたら朝の時点で36度8分→微妙
このままなら夜には発熱する???
相当考えて また土曜日💦と思いながら
やっぱり病院へ行くことにしました

もしオミクロンならいっちゃんにうつすわけにはいかない!!
みそじも東京に行かすわけにはいかない
相談センターに電話して何件か発熱外来のある病院を教えてもらう
う〜ん全然気乗りせえへん
気乗りしないとか言ってる場合じゃないねんけど

そこで私ひらめいた💡💡💡!!
友達がいたやんか
看護師さんそしてPCR検査をやってるって聞いてた
すぐ電話して行ってきました

車で待って検査

友達が指定してくれた時間に行くと
防護服着た友達が鼻をこちょこちょして検査してくれた
これが噂に聞く鼻からの検査か
友達に鼻の穴とかみられるの超恥ずかしい
とか言ってる場合じゃなくて
大人しく検査してもらう
もうその時は九分九厘コロナにかかったと思い込んでいる私
頭の中は「いっちゃん どうしよう?」
コロナが言い始めた当初から心配の種で言い続けている
そして議員さんにもお願いし続けている
「介護者がコロナになった時の要介護者はどうするのか?」問題
なんの名案も浮かばず
私が去年体調を崩した時も
「家族でなんとかする」&「私が頑張る」で乗り切ったことも浮かび
また家族でなんとかするねんな〜と
頭の中はそれでいっぱい
自分のことより いっちゃんのお世話どうするを
体調が悪い私は必死で考えなければならない→今ここ💦
誰かええ案あったら私に教えて〜〜〜って感じ

車の中で暗澹たる思いで待つこと十分
看護師さんが診察にどうぞと車まで呼びにきてくれた
「えっ?入ってええのん?と言うことはコロナちゃうかった?」

初めてお会いするそのドクターはとても優しいお顔で
「良かったですね。記念に陰性の紙持って帰ってください」
と言ってくれた
そして診察
「あ〜これは喉痛いはずですね。扁桃腺真っ赤に腫れてる」
「これではコロナかなって思って当然、オミクロンは喉の症状出ますから
本当に良かったですね」

ほっとしました
原因わかるまで薬はやめとこうと思ったので
早速頭痛の痛み止めを飲み
頭痛も無くなりました

と言うことでめでたく空港までみそじを送る

いきたくない〜〜〜と駄々をこねる30歳
もう30歳にもなって👊
甘えすぎ
親の顔が見たいわ
あっ私やった😅

実家は居心地がいいようです
みそじが帰りたくない理由は
大事にしている愛犬ここちゃんと離れたくないから
「もはやこのご時世で不特定多数と触れるCAさんは大変すぎる仕事やから
辞めたら?大阪帰っておいでよ〜」と言いたいけど我慢
自分で考えて自分で決めるでしょう

いっちゃんが元気やったら絶対そう言ってるはず
怒鳴り飛ばしてでも辞めさせるはず
でも今のいっちゃんは頭がモヤモヤさんの高次脳機能障害やから
それはみそじが考えるはず
私はお口チャックでいよう

もはやこれ以上何をどうしたらええのん?

ってことやねん
もう防ぎようないなぁ
あかん 弱気は病気につけ込まれるから
強気でいかなあかん
もう一回、手洗い・うがい・消毒・換気を見直そう!!

そしてとりあえず今日は気になってる仕事片っ端からやっつける!!
もし時間あったら
完全防備で
ちゃーっとえべっさん行ってこようかな
もはや神頼みしかない(笑)

みそじのしわざ😁

皆さま今日もハッピーな1日をお過ごし下さい💖



コメントを残す