音楽の力 人の力〜その2

2024年03月29日

音楽で人間らしくなったいっちゃんだから
音楽が脳にいいことは百も承知のはずだったけど
今回ばかりは音楽の力にそして人の力のおかげで
久しぶりに私が会いたいいっちゃんに会えました

年明けぐらいからどうも調子がよろしくない
いつもの花粉症?で片付けていいのかな?
様子がおかしいことを見逃してしまうのではないか?
色々な方の意見を聞いて
ドクターにも相談して
できる限りはやってるけど
いっちゃんの声にならないサインを見逃しているのではないか?
そう考えると寝れないどころか
気づけば私胃潰瘍になってた…
そんな1・2・3月を過ごしたもんだから
伊丹空港でイケメンセラピストにバトンタッチした途端
ホッとして
肩に乗ってる重い重い荷物少し軽くなった気がしたのは
正直な私の気持ち

うそっ〜?歩けるん?
歩ける歩ける!! 
奄美空港に迎えに来てくれた全国ネットの理事さんの運転で
ハートロックが見える浜に行くことに
しっかりと最後まで自分の足で歩きにくい砂浜を
一歩一歩踏みしめて歩くいっちゃん
「気持ちええなぁ〜」「きれいな海やなぁ〜」
いろんな心配を一気に吹き飛ばしてくれる人と海と空

ええ感じや!!
大丈夫やと思う
相変わらず唾が飲み込めなくてすごいよだれでも
くしゃみが100連発でも何となくそう思った私の期待通り
いっちゃんが音楽で生き返った一コマ

それは夜の宴 ライブハウスでのコンサートを前に
ペンションでプレライブをしてくださった小室さん
お嬢さんのゆいさんとギターとウクレレのコラボ演奏もしてくださって
盛り上がったことは書くまでもないけど
一番盛り上がって周りを感動させた張本人が約1名
いのつく誰かさん
ほとんど喋れなかったくせに
小室さんの歌に合わせて大熱唱
私は小室さんの素敵な歌声を邪魔してしまってる
ダミ声のいっちゃんにしっ〜と必死で座らせようとするけど
止めることもできず
冷や汗かきながらヒヤヒヤしてたら
ギター片手の小室さんが
気にせず一緒に歌を楽しんでくださいと
言ってくださって
ダミ声は一層大きくなり(笑)
立ったり座ったりしながら
まるで自分が舞台に立ってるかのように歌い切った〜〜〜(笑)

それを見ていた主催の一人が「いっちゃんに感動して泣いてしまったよ〜」と
私にそっと耳打ちしてくれた
やるなうちのいっちゃん
何度も音楽で覚醒しているオットを見ている私でも
今回のこのプレコンサートのいっちゃんには泣かされた

やっぱり脳に心に音楽はええねん
わかっているけど
じゃあどれだけいっちゃんと音楽を楽しめてるんやろ?私
そうやん私も楽しめないといっちゃんの心は動かんのやったやん
こんなシンプルなこと忘れていた自分も取り戻した
そんな夜でした



黒糖焼酎をグビグビ飲み
ゴルフの話で盛り上がり、
消防団の話で盛り上がり、
大笑いして話すいっちゃん

その周りに人がどんどん輪を作り
みんな笑ってる…
67歳のおっちゃんが普通にある場面

いっちゃんが楽しそうに話をしている姿を
私は少し離れたところから
楽しそうやなぁ〜と眺める…この図がとても心地よく

本来元気であるならば『こんな当たり前の場面』を
もう一度取り戻している
この時間に感謝でしかなかったです

音楽は脳に心にいいとか何とか
口で言ったり文章にしたら
たった1行で薄っぺらくなり過ぎてしまう
もっと違う感覚

小室さんの爪弾くギターに
そして年齢を聞いてびっくりするぐらい
張りと艶のある声に
胸に詰まっていることさえ
気づけない私のカチカチの心を解きほぐしていただきました
気づいたら号泣してた
歌詞に自分が、いっちゃんが重なって
大きな声で泣いていた
いっちゃんも泣いてた
周りの人全員感動して泣いてた

小室さんは
ライブの中で
いっちゃんが歌うことをみんなに伝えてくれた

誰にも気兼ねすることなく
いっちゃんを静止する場面もなく
私は私の時間を楽しんだ
そして終わった後、程よく力が抜けた自分に会えた

ああ〜音楽ってほんとすごい力を持ってるんやなぁ〜
そこにこの奄美の風・空気・空
人の力が三重奏にも四重奏にもなって
カチカチの心を解きほぐしてくれた

生きていたらいっちゃんのことだけじゃなくて
泣きたくなる出来事がいっぱいある
どうにもならない悲しみに襲われて
どうしていいかわからない
でも私は一人 相談できる夫はいない
人間を辞めたくなるような気持ちの夜を
何度となくやり過ごし
前向きになれない自分の気持ちを
何とかごまかして
ポジティブを装って脳を騙し
心をごまかしながら
そうやって今まで歩いてきたけど
泣いてもいいんや〜って
思う間もなく涙が溢れた
そして心が軽くなった


そんな奄美大島でのコンサートでした


いまここにいきるわたしは
いのちのねっこでむすばれている
いまそこにいきるあなたと
わたしとあなた
あなたとわたし
それぞれのなまえでよばれ
わたしはひとり
あなたもひとり でもホモサピエンス
あいをはぐくむ

いまここにいきるわたしは
あなたがいないといきてゆけない
うまれたてのいのちのように
わたしはひかり あなたをてらす
それぞれのおいたちいきて
くるしむわたし くじけるあなた
でもほほえむちから
こころにひめて

もどかしいからだ
とぎれることば
でもいるだけで いるだけで
かがやくいのち

 

谷川俊太郎さんの素敵な詩に
小室等さんのこれまた素敵な曲
もう心をわしづかみされています


この歌号泣です

毎日聴いてます…
いっちゃんと一緒に毎日歌ってます(笑)
ご近所迷惑ですけど(笑)
旅のレポートはこれにておしまい
あっ番外編おまけのおまけ
書けたら書きますね!!


コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ統計情報

  • 129,003 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu