月一カフェ無事終了

2024年03月12日

月一カフェのことはあまりブログに書いていなかったけど
一人の片麻痺女子Nちゃんの夢の応援
「珈琲のお仕事がしたい!!」を叶えるため
約1年間練習してきました
そして無事ギフトはカフェになりました💖
今日はそのレポートを少し…

これは月に一度お習字の先生に来ていただいる時に
Nちゃんが書いた言葉
大東市障害者アート展に出したものです


心温珈琲(こはるこーひー)と読みます
ジャパン珈琲フェステイバルの川久保さんにこの習字を見せたら
「これこれええやん!!」となって
ギフトブレンドは心温珈琲と名前がつきました
こころあたたまるこーひー
こはるこーひー
何と良い響きでしょうか!!
名前を考えようと思ってお習字書いたわけじゃない
でも偶然書いたお習字が名前になりました
偶然は必然なのか…?


大盛況でたくさんの方が来てくださいました
ありがたいことです
カフェなんて初めてのことで
あたふたしっぱなしでしたが
何よりギフトのご利用者様全員の嬉しそうな顔が見れたのが
一番嬉しかったです

お盆をまっすぐに持ってこぼさないようお水を出したい
4点杖で接客をしたい
注文を間違わないように聞きたい
食べた食器を片付けられるかな?
Nちゃんと一緒に珈琲淹れたい
レジをやってみたい
一人一人の目標…
自分の役割を果たそうとみんな一生懸命です
毎日ギフトのお昼ご飯で練習をして
本番に臨みました

そして私たちスタッフも
どんなメニューにしたら皆さんに喜んでもらえるかなって
毎日試行錯誤してきました

嬉しいことです
たくさんの方がNちゃんの珈琲を飲みにギフトまで足を運んでくださって
ほっこり静かに珈琲を楽しむカフェではなかったけれど
あちらでもこちらでもみんながニコニコ
笑い声が響き
テーブルを超えておしゃべりが弾む
ギフトはやっぱりサザエさんの家のようでした

今回ギフトの特に私の背中をバーンと押してくれたのが
定期的にギフトに来てくださっている言語聴覚士の吉山先生
『カフェやりましょう!!私お手伝いしますよ』
その言葉に背中をドーンと押されて
カフェ計画が進みました
そこに四條畷大学の花田先生も力を貸してくださって
学生さんにも高次脳機能障害の方に触れていただこう
となり…
気づけば川久保さんのところにいる
元引きこもりの男子2名が珈琲のサポートに
来てくれることになり…
まわりに助けてもらいながら
ギフトカフェは無事開店したのです

ちょっと先になりますが
それまでにギフトのご利用者様で
スィーツが作れるように練習したいと考えています
私が張り切って作るスィーツじゃなくて
ギフトのみんなが作るスィーツ
クオリティ重視ですよ(笑)
そしてその日はジャパン珈琲フェスティバルの川久保さんも
来てくださいます
また面白いことになりそう〜〜〜

次に向かって練習は続きます!!
目標があるって楽しいですね

今回のカフェで一番楽しんだのは
私かも(笑)






コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ統計情報

  • 129,003 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu