高次脳ないっちゃんの乱

2023年08月30日

おサボりブログ更新です

今日は畑に行かないと決めたので
ブログを書くことにしました
実は持ち帰り仕事もあるのですが
娘の「ママのブログ面白いのに!!」の一言に
俄然やる気が(笑)
褒められて育つタイプです

実はネタにできるようなことちゃいますねん

16年も介護していて
なんもわかってへんねんなぁ〜と反省です
そしてこれをまたブログに書こうとしていて
それもええのんか?とも思います
一応本人の許可得てます

いつも温厚ないっちゃん
つい先日、今まで見たことない血相で
怒りました
いつもならスヤスヤとシーパップ(無呼吸症候群だから)に繋がれて
それでもスヤスヤと寝ているんです
私が横でTVを見ようが、携帯見ようがそんなこと関係なく夢の中なんです

その日は私珍しく寝付きがよくスヤスヤ寝ていたところ
右側からいきなりゲンコツパンチが飛んできました
「いったぁ〜」「なんか夢でも見た?」
「いっちゃんどした?」と声を掛けるも
バシバシ叩かれる&大声で怒ってる
「どついたろか、あほんだら💢」
めちゃ大きな声やし言葉もはっきり!!
いや、感心してる場合ちゃうんちゃうかな?
たちまちベッドから起き上がって殴りかかってくる👊
えっ?一人で起きられるやん
しかも、颯爽とシーパップまで自分で外してる😅


感心してる場合ちゃう
目すわってる気配

「いっちゃんどうしたん?夢見た?ママやで」
と抱きしめてよしよししようとしても
突き飛ばされて叩かれる
(実際は私でっかいから突き飛ばされはしなかったけど
そんなシチュエーション…想像してください)

「オンドリャ〜(汚い河内弁で失礼)」
通訳すると
オンドリャ〜という言葉はオマエ〜みたいな感じかな
でも長いこといっちゃんと連れ添ってるけど
そんな汚い言葉は聞いたことがなくびっくり
同時にバシバシ飛んでくるパンチが恐ろしすぎて
足がすくんでしまって動けない私

どうしたんやろう??
夢見たんやわ

以前アマプラでトラに育てられた少年の話を見た晩
いっちゃんはトラになり
私の手をひとしきりかじったことがあり
脳にダイレクトに情報が伝わって自分がトラになったんだと
知ったことあるなぁ…
見る映画は選ばないとえらい目にあうと学ぶ…😅

でもあの時と様子が違いすぎる

バンバン叩かれながら
身の危険を感じたのと、デカイねんいっちゃん
ほんでもって、力余ってるんか
痛いねん
ほっぺなんて叩かれたことないのに
バシバシ叩いてくるから
ひとまず1階に避難

夫婦であざだらけナウ😅

約2時間ぐらいかな
いっちゃんは元気出して寝室にあるもにあたり散らし
障子を全部破り
そして私が嫁入りに持ってきた亡き父に買ってもらった
大事なドレッサーを傷つけた(これは根に持つかも😅)

それだけを読めばなんて怖い夫?
DV?暴力夫?
京子さんかわいそうにとなるのかもしれません

ちゃうねん、ちゃうねん、
そんなこと言いたくてブログ書いてない
叩くは相手も痛いけど自分の手も痛いんやわと
いっちゃんの手を見て思う

言葉にできないもどかしさ   ほんやくコンニャク欲しい

いっちゃん  ごめん
私忙しすぎていっちゃんの心の中わからんかったかも
毎日毎日が矢の様にすぎていき
例えばボ〜ッといっちゃんと過ごす時間なかったかも
でも言ってや〜と無理なことも思ったりする…言えないか💦

いっちゃんとの生活を回すことだけにエネルギーを使い
いっちゃんの心はどうなのか?を考えてたかな?
いや考えてはいるねん。でも〜〜〜足らへんかったんかな?

おりしもヘルパーさんが違う方に変わり
中々思うような支援になっていなかったことも原因の一つか

ヘルパーさんどう?という私に
右手を振ってNOを意思表示しても
それがどうあかんのかじっくり聞いてなかったかも

あれもこれも色々自分を反省する…

言葉にできないってどんな感じなんやろう〜

いつもおしゃべりな私
いちいち喋ってる

そんな私が例えば1日喋ったらあかんと言われたらどうやろう?
ストレス溜まりまくるわ

いっちゃんはどうやねん…

もう何年も自分が思ったことをうまく口にできず
違う解釈をされても、『そうとちゃいますねん』とも言えず
友達と世間話することもなく
ずっと家族と支援者だけとの世界……

なんか涙出てきた
可哀想とかそんな感情ではなく
それでも16間もご機嫌でいてくれてることに
胸がキリキリ痛む

この世なのかにいっちゃんのような人いっぱいいる
元気だって孤独な人
病気で孤独になった人
親から虐待受けて孤独な子供

もうキリキリ痛みすぎる

家族でもいっちゃんの心の闇はわからない
ただすごい忍耐力で生きていてくれていると
いつも感謝しているけど
改めていっちゃんはすごい人だと思う
そしてごめんねと謝る

暴れてくれてありがとう

ハッとしたわ
もっといっちゃんの心の中想像する余裕持たなあかんね

夫婦という単位でも
家族という単位でも
ギフトという単位でも
そして地域という単位でも
いつもそれに気づける人でいなくては…

またまた立ち止まり、考える時間となりました

プライベートなことまで曝け出してでも…

いっちゃんが口笛吹けて白井さんはラッキーやからとかよく言われる
私、人にはいっちゃんの良いところしか見せてない

でも
綺麗事だけで生きていないことを
やっぱり発信することで知ってもらう
それが私にできることだと思ったので
ブログに書かせてもらいました
いつもいうけど高次脳機能障害の人がみんなそうではありません
我が家の現実です


腕の青タンを見るたびキリキリ痛む元乙女のハート
ふっと
暴れたあの夜、だいぶ落ち着いたいっちゃんにお水持っていって汗まで拭いて
ベッドに寝かせたらいきなり頬っぺたバチコ〜〜〜ンと平手打ちされたことも
ふとした時にフラッシュバックしてきます
いたっ〜〜〜こわぁ〜〜〜私親にも叩かれたことないのに💦

だけどそれは合図やと思ってます

基本に帰れよ!!ですね

色々あります!!でも夫婦仲良く手を繋いで今日も頑張る

人生色々元気でも元気じゃなくても
人それぞれ色々あります
でもできるならたった一人しかいない相手ですから
仲良く生きていきたいですね💖

皆さま今日もハッピーな1日をお過ごしください💖



二人でこんな綺麗な夕陽を眺める大切な時間

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ統計情報

  • 129,003 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu