お話おばちゃんの最近

2023年07月24日

なやクリニックと武庫川女子大

先週の日曜日なやクリニックでお話しさせていただきました

納谷先生との出会いはもう15年もなるんです
毎月毎月納谷先生に話を聞いてもらって
だから今があると思ってます
なので納谷先生の奥様保子先生からこのお話いただいた時
これで私が今までお世話になったことのほんの1ミリ
お返しができる!!と
「はい、私でよければやらせていただきます!!」と
お受けしました


古巣なやクリニック

話を聞きに来て下さっている中には
お懐かしいお顔が…
当時めちゃくちゃ泣きながら通った家族会
どの人の話を聞いてもチンプンカンプンで
うちのいっちゃんのそれとは全然違う
皆さんずっとしっかりされている
そう思ってますます孤独になったものです
なのに月に1度の家族会に通っていた私
そして帰りの車の中ではいつも号泣していた
(そんな可愛らしい?時もありましてん)
鬼の目に涙…誰?そんなこと思ってるのは?アハハハハッ!!
当事お話を伺った方々がお見えで、お懐かしい
すっかりご無沙汰しています

いつものように台本はなし

よく考えるとお話しすることはいつも変わらない
たびたび変わるのはこれまた可笑しい
発症からを振り返り
納谷先生を大分県で逆ナンした私
その経緯なんかを話していくうちに
当時のことを思い出す
当時世の中の全てが眩しくて
外出する時はサングラスをかけないと
外に出ることができなかった私
サングラス越しに買い物に来ている同世代のご夫婦を
まともに見ることができず
なんか知らんけど腹が立ってしょうがなかった当時
そんなこんなをつらつらとお話ししました

ええこと聞いた〜

障がい受容は難しいと題してお話しした私ですが
保子先生が
「障がい受容なんて出来ない!!」といって下さった
そうやん   なんか受容しない私が出来悪い人みたいに思ってたけど
そもそも出来ないねんよ
何年経っても障がい受容なんて出来ない
出来ない自分をあかんやつやなぁ〜なんて思わなくてもええねんわ

保子先生が障がい受容出来ないグループの会長で
私が副会長勤めさせてもらいます(笑)
そう考えるとスッと肩の力抜けた〜

当時の私に会えたなら
今の代わりようを話してあげたい
でも当時と一緒の気持ちもずっと持ち合わせていることも
話してあげたい
16年経ってもいっちゃんが元気やった時に
戻らへんかなぁ〜と思ってる
障害受容出来ない会の副会長の私…

一緒に行ったいっちゃんは
神妙に私の話を聞きそしてナイスなタイミングで
知床旅情を口笛で吹きみんなの拍手をいただいた
なかなかやる男や(笑)

木曜日は武庫川女子大の学生さんに…

音楽療法をやって下さった那須先生にお声がけいただいて…
これは私がライフワークにしたいこと
学生さんに私の体験をお伝えすること
なので楽しみにでかけました

今の学生さんは真面目です
私なんて他の大学に潜り込み
さもそこの学生のような顔をして授業をうけ
教授と平気で喋ったりしてた(笑)
そんな私からしたら超真面目な学生さん
もっと失敗してもええねんで
やりたいこと色々やったらええねん
人生は1度きりや
って人ごとや思って勝手なこと言う
でも出来ないと決めているのは自分の心
やると決めたら
大抵のことはできるんちゃうかな
だって若いねんもん

私が経験した当たり前なんて何一つない
それは全て感謝やねんってこと
色々話したけど伝わったかな?

あいにくいのつく誰かさんは
お腹壊して留守番
武庫川女子大行くの楽しみにしてたけど
遠足の日に熱出すパターンや(笑)
残念無念

忙しいけど充実した日々送ってます
やれることを一つずつ
そうやれることしかできないから!!

皆さま今日もハッピーな1日をお過ごしください💖


  • 作 勝義 より:

    自分の病気は受け入れたけど、子供の病気は何年経っても受け入れれないですね。

    • shirai より:

      作さま
      そうですよね。順番違いは辛いです
      だから義母さんは辛かったやろうと思う。
      去年見送ったので、いっちゃんは親孝行したと思っています,

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ統計情報

  • 124,952 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu