障がい者も健常者もひとつになる プロジェクトアイズ ホームページ

2019年10月14日(月・祝) 関西まるっと文化祭 開催

この記事をシェアする

障がい者も健常者もひとつになる プロジェクトアイズ ホームページ

高次脳機能障害・失語症の当事者参加型イベントの口笛コンサートに出演。
12年前の重症患者と主治医セラピストの奇跡のステージ

大阪府立中央図書館 ライティホール&会議室にて。
詳細は関西まるっと文化祭ホームページをご覧ください。

この文化祭の目的は高次脳機能障害や失語症の当事者その家族と医療従事者だけでなく、一般の方学生までも巻き込んで楽しく交流できる場を作る!!です。特にアイズは当事者はもちろん、介護している家族にスポットを当て全力で応援します。日頃いっぱい頑張っている家族に少しでも楽しんでいただきたい、

一緒に来てくださったら、ご本人はボランティアさんに任せて

ご家族も自由にのびのびと楽しんでいただけるような場を提供します。

ネイルケアや癒しグッズ作りナースによる健康相談や、私もお話を聞かせていただくコーナーも計画中!みんなでまるっと楽しみましょう!

そして奇跡のライブ決定!いっちゃんは口笛ステージをするのだけれど、

そこにな、なんと回復期リハビリでお世話になった勝谷将史先生(現 西宮協立リハビリテーション病院)と当時のセラピストで音楽療法をしてくださった那須貴之先生がユニットを組んでくださいます。そう、ISAO STORYに出てくる廃人だったいっちゃんに目標をくれて少しずつ少しずつ人間らしくして下さった先生方です。もちろんプロジェクトSのメンバーも一緒です。

当時こんなコラボを誰が想像できたでしょうか?なぜこの企画を思いついたかはブログで書きますね。お楽しみに!

この記事をシェアする