KYOKOのひとりごと~あるがままに

今週は…

一大イベント NHKハートネットの放送があったので
あっという間に過ぎて行きました
翌日は朝と晩 早速某音声SNSのゲストに呼んでいただいていて
おしゃべりさせてもらったり
メールや電話の対応に追われています
こうやって今まで「高次脳機能障害」の言葉すら
知らなかった方に繋がっていく感覚は
ゾクゾクするほど嬉しい!!

それでも日課の散歩は変わらず
私といっちゃんの生活は続きます
スパルタ KYOKOディサービスです

変わった事といえば
散歩をしていて
いつもよりぎょうさんの人に
声かけられるようになりました
「奥さん見たよ~」
「いさおちゃん見たで!!」
また知らない方がいっちゃんと私を見て
会釈して下さったり…
「あっしまった。もっとましな服着て散歩したらよかった(笑)」
二人ともトレーニングウエア💦
みたいな場面もあります
まっいいか、ようすしてもししゃない
(通訳:関西弁で言うところの飾っても仕方がないってとこでしょうか)

これは私の心のリハビリ

私いっちゃんのリハビリにこだわってきました
などと偉そうにずっと喋ってきました

いっちゃんのリハビリって言ってるけど
実はこれは私のリハビリちゃうん??
って最近よく感じます

いっちゃんが重度高次脳機能障害になって変身して
戻ってきたあの頃から
もう私の人生は終わったと毎日出るため息と涙の生活から
ガラガラ~っガラガラ~ってシャッターを降ろして
死んだように生きていたあの頃から
その当時から比べると
私めちゃくちゃ変わったやん!!
しかもええように変わってるんちゃうん??

ほんまのことゆうたら

いっちゃんが倒れた15年前から
道行く自分たち世代のご夫婦見たら
ええなぁ~って思たり
当時はなんか知らんけど
腹立ってしゃあなかった…何見ても
「なんでうちやのん?
私らなんも悪い事してへんのに…
何でうちがこんな目に合わされなあかんの?」
心の中でそんな気持ちが湧いてきて湧いてきて
胸が苦しくなってました
胸が苦しくなって死にそうになるから
そこから目を背けて
一生懸命エネルギーを「いっちゃんが良くなること」に
注いだんかもしれません
自分の心の傷の手当てをしないままに…

じゃあ15年たった今は??
当時ほどじゃないけど
あります!あります!そんな気持ち
でも発症してすぐに感じた大きなきゅんや
腹が立って仕方がなかったやり場のない大きなマグマは
今は割りかた静かにしてくれてる


最近私が感じた
「ええなぁ~」きゅんって思ったエピソードは

畑で収穫した野菜を洗ってた方との会話です
「洗って持って帰らはるんですか?」
「嫁がね~虫嫌い土付きは嫌や言いよりますねん…」
ニコニコ笑いながら答えてくれて
普通の会話でしょ?
何気ない日常の会話
それのどこが~~?なんですが
でも私、胸の奥がきゅんってなったんですよね
目の奥からじわ~んってうっすら涙がにじんできて
その時感じた感情は
「ええなぁ~私かってほんまは虫は大嫌いやし
土も手が荒れるから嫌やねん。
私にはこんな優しい事してくれる夫はいてへんねんなぁ~」でした
しかも横でいっちゃん鼻やらヨダレやらでえらいことになって
立ってるし💦

笑うでしょ!!
20代か💦( ̄m ̄〃)ぷぷっ!ですよね
鶏糞50キロ運んだ時も
くっそ~いさお~!!って思た
でも私運べたし(笑)

あと
いっちゃんの某手続きのために
某窓口に行った時
「いさおさんに出来ることあるんですか?」と窓口の良く知ってるお姉ちゃんに言われ
そのほかにもやり取りの中で
うん?それどういう意味?って
引っかかることいっぱいあって
うちのいっちゃんだってやったら出来るし
大事な事いっぱい教えてくれるねんって
その日は大マグマ爆発 超ムカムカしたけど
一晩経ったら忙しすぎて忘れてしもた(笑)


生きていくうえで大きいきゅんから小っちゃいきゅんまで
この胸がざわつく気持ちはきっとこの先も色々あるのです
それを一つづつ超えていく
それが私の心のリハビリです

そういう意味でゆうたら夫が重度障害者になったことに
妻である私自身も深く傷ついているのです
夫と同じぐらい いやそれ以上かも
そしてその子供たちも同じです
今までの生活とは一変した生活を送ることになる
戸惑いや複雑な気持ちが入り混じり
随分と悩み傷ついてます
でもそのことに目を向ける事なく傷の手当てをする間もなく
生活や介護がのしかかってくる…頑張らなあかん
ちゃんと自分たちも深く傷ついている事に
心を留めないと前には進めないのに
時間が流れて行くのです
ちゃんと自分の傷の手当をしないといけません
自分が傷ついている事を認めてあげないといけませんし
自分もリハビリが必要なんです
それと時間も重要な薬です
それも長年の経験で知った事です

私の心のリハビリは
今はとてもうまく行っています
いつも笑いを提供してくれるいっちゃんが
そばにいてくれるから大丈夫!!
大きなきゅんから小さなきゅんまで
この先色々あると思うけど
生きていてくれてそばで笑っていてくれるから
大丈夫!!やんね!!いっちゃん!!
さぁ~きょうもええ天気や☼

皆さま今日もハッピーな一日をお過ごしください💛

NHK Eテレ 私といっちゃんが出演した
「障害福祉賞」の特番は👉
▼テレビ再放送:5/11(火)午1時05分~ NHK・Eテレ・全国
▼ネット配信
NHK+(プラス)※放送直後からもう始まっています
https://plus.nhk.jp/
TVer(ティーバー)※5日の14時~
https://tver.jp/nhk
5/11(火)20:29まで配信されるようです。お早めに~~!!

KYOKOのひとりごと~あるがままに” に対して4件のコメントがあります。

  1. 大竹洋子 より:

    返信をありがとうございました。
    ポジティブなブログに笑いを貰ってます。
    私は料理が下手なので、美味しそうな白井家の食宅が羨ましいです。畑のブログを読んで、私も花を植えようかなと思いました。

    1. shirai より:

      洋子さ~ん
      畑めちゃいいですよ!!
      庭先でプランターでも出来るし
      お花もいいし、でも食べれたらなお良し❣❣
      今からやったらバジルとか大葉とか簡単。
      夏野菜も楽しみなりますよ。ご主人とやってみて下さい😊😊
      苗会に行くところからリハビリです。
      お腹も満たしてくれる、園芸療法です(笑)

  2. 大竹洋子 より:

    おはようございます😃 
    柴本礼さんのブログで、いっちゃんはビリビリマンを知り、早速Amazonで購入して読ませていただきました。
    大変な経験をされ、乗り越えてきた事は、共感できるものでした。私の夫も2015年4月に脳梗塞になりました。仕事で横浜にアパートを借り単身赴任していました。離れて暮らしていたので、搬送された病院から連絡があった時は、奈落に突き落とされたように感じました。脳外科で高次脳機能障害が残ると説明されましたが、何かわからずおかしな夫の行動に振り回されていました。仙台に転院してリハビリしている時、高次脳機能障害の柴本礼さんの本にあい、貪るように読みました。ブログをしりとても参考になりました。
    白井さんの事もそこで知り、ブログを読ませて頂いてます。
    家族の気持ちを、上手く表現されて腹にストンと落ちて納得できます。これからも、無理せずにブログを続けて下さい。
    ハートネットTVも、拝見しました。15分にまとめる事は大変でしたね。

    1. shirai より:

      大竹洋子様
      コメントをありがとうございます!!
      同じですね。高次脳機能障害が残るってドクターに言われたけど
      それがどんなものかもわからず大変身した夫に随分悩みました
      15年も経つとだいぶ慣れてきましたが(笑)
      ブログには書ききれない思いもたくさんありますが
      ポジテイブブログ続けて行きたいと思います
      これからもどうぞよろしくお願いいたします💛

コメントを残す