本のご感想いただきました!!

日本福祉大学の青木 聖久教授からです!

青木先生から
2回のみらクルTVをご視聴下さり、本を読んでくださったと
嬉しいメールをいただいたんです!!
このコロナの時代
お会いしたことがない方にも
ビリビリマンを手に取っていただけた事
そしてご縁が繋がった事
とても嬉しく、また前に進む原動力になります!!
以下ご感想いただきました!!(先生の許可を頂いて載せます)

まず、率直な感想としては、白井さん、2人のお子さんと、
ご主人との絆を深く感じ、大変感動しました。
きっと、高次脳機能障がいの方が100人いたとすれば、
100通りの家族関係があるわけであり、
そのような意味では、白井家の愛情が礎として
大きかったことがしっかりと伝わりました。
2週間ほど前、電車で『いっちゃんは、ビリビリマン』を読んでおりました。
ちょうど、名古屋市の審査会に行く途中。
ちょうど、41頁の、佑香さんが、医師へ手紙を、というあたりで、
マスクが涙で大変なことに。そこで本を読むのを、
帰りの電車にしました。
改めて、障がいの有無を別にして、
人として、大切なことを多く学びました。

青木先生ありがとうございます。
泣かせてしまってすみません(笑)

14年を振り返り、今思えば
発症当時は「いっちゃんが」というより「私が」
泳げないのに大海原に突然放り出された気がして
つかまるものもなく必死で手足をバタバタさせていたような
そんな気がします。
もういっそいっちゃんと一緒に溺れたら楽になるんちゃう?と
思ったこともありました。
でも溺れるわけにはいかない。

迷いながら
恐れながら
憂いながら
孤独で辛かった
でも子供たちがいたから何とか過ごして来れました
選択したことが
正解ばかりではなかったかもしれませんが
確実に言えることは
14年前と今は私別人です
いっちゃんが「高次脳ないっちゃん」を生きているように
また私も以前とは違う人生を生きています。
白井familyのテーマ「今を生きる」です!!

名古屋は近いです!!またお会いできることを楽しみに今日も高次脳ないっちゃんと私は元気に頑張ります!!

今日もハッピーにお過ごしください💛

お知らせ
みらクルTV 浅野史郎先生の「今障害福祉を考える」9月20日の放送の「変顔いっちゃん」は
こちらから☞https://youtu.be/9tbjMB4LesY