ビリビリマンが!!

ここにきて
いっちゃんはビリビリマン
―「高次脳機能障がい」なオットと私の日々―が
色んなところで高評価いただいています!!
やった~!!

ご感想をいただいたのでシェアします

梅雨に入って、長女に促されて本を読みました。
「これ読んでみて!」と持参された本、
気になっていた本だったのと、凄いよ、読んでみて!
と言う娘の言葉に誘われて。
『いっちゃんは、ビリビリマン』読ませていただきました。
ところどころで作者の「ここは言わしてもらいまっせ〜!」
という部分も嫌味なく見え隠れして面白かった。
(失礼そう感じたのは歪んだ心の持ち主の私だけ?笑)
いやあ、考えさせられました。
働き盛りだったご主人が難病に侵され、
それに立ち向かっていかれるご本人のドキュメントなのですが、
その病名がわかるまでだけをみても、
それはそれは大変な努力をされ、
よく「私には真似できない」とか
「えらいねえ」とか言われますが、
言うは簡単。
その立場になった時、いかにガチに向き合うか。
それこそ私にできたかな?(笑)と
考えさせられます。
作者の向き合い方は実に素晴らしく、
夫に対する姿勢は私のそれとは大違いで、
受験最中の息子さんや
多感な成長期のお嬢さんたちの
母を支える姿勢の素晴らしさ、
一致団結した白井ファミリーに
教えられた気がしました。
前向きに…とか、いい意味で…とか、
エエ加減に生きてる私は
その言葉はどうも気恥ずかしくなって嫌いやわあ。
どっちも当たり前ですから。
大阪出身やないのにまるで大阪のおばちゃん。
とにかくカッコいい女性。
機会があれば読んで欲しい本です。

ありがとうございます!!

そやねん!そやねん!
チクッと言いたい事も書いてん(笑)アハハ!

このパターンが実は結構多くて(笑)
実家の母に渡したら
お母様が感動した!!
凄く良かったから
地元の社協に
紹介したよ~~

なんて嬉しいお声が届いたり、

どうしても読みたいって人がいると
連絡いただいたり

こうやって人から人に
広がっていく
この感じが
有り難く、うれしくて~😊
元気が出る!!

去年の今頃を思い出すわぁ~

執筆活動中、
どうしても書けない部分があって
横に置いたティッシュの箱が
ティッシュでは追い付かなくなって
いつしかタオルになっていて(笑)
一番蓋しておきたかったところ
思い出して
ペンが何日も止まった事
でも、
一番書きたいことは?
伝えたい事は?
と自分で自分に聞いて
抜けられたんやった!!

ファミレスでビール🍺をご褒美に籠ったりもした~懐かしい!!

畑の師匠が今朝
本、読んだよ~って言ってくれはった!!
嬉しすぎる!!
本書くなんて凄いなって
言うてくれはるから
ほんまやわ
一番びっくりしてるのは
本人の私ですねん
と言って
みんなで大笑い!!
人生ってわからへんもんやなぁ~(笑)

いっちゃんと口笛と
高次脳機能障害という言葉が
ビリビリマンの本とともに
日本中を旅してくれたら
うれしいなぁ💛

新しい日常
イマデキルコトを
全力で楽しむ
ウイズコロナ
心穏やかにハッピーに💛