高次脳ないっちゃんの不思議

2023年01月09日

習字が上手で驚いた件

いつもお世話になってたデイサービスで
習字を書かせてもらってたいっちゃん
「自由に書くのがお好きなんですよ」って
習字の先生が息子のように可愛がってくださって
私の名前の一字をあげて判子作りますまで
言ってたのに
コロナの影響で閉所になって習字はそれっきり
こんな大作も書かせていただいてた

ギフトで書初め

仕事が一段落したので
書初めしよう〜ってことで
スタッフの小林さんが習字の先生役を買って出てくれて
(半ば強制💦)
どんな象形文字が出来上がるのか
そばで見ていた私

期待は裏切られた

じょ、上手やん どないしたん?
大事なご利用者様に失礼な(笑)

発見多いわ〜

夫のこと知らないことが多すぎる
結婚してかれこれ三十数年
夫からオットになって16年
知らなんだ〜
いっちゃん習字習ってたん?
「○△×%#〜〜〜」
普段の字お世辞にも字が綺麗とか言えません
むしろアラビア語?象形文字?
なんて書いてんの?状態
高次脳機能障害になってからは尚更
今は筆圧がなくて薄い
そしてダンゴムシよりアリンコより小さい
おいおい老眼近視の私の目に喧嘩売ってんのか?
っていうような
グチャグチャ字であります
それでもよ〜く観察すると
何書こうとしてるかはわかる

話それるけど
認知学習ということで
ギフトでは毎回必ず鉛筆を持っていただいてます

これ実はめちゃくちゃよくて
私も毎日一緒にしたいと思います
私も毎日やればもっと頭働くようになるんちゃうか?と
思ってます
あっ教材の内容は人それぞれ

話元に戻すと
いっちゃんスラスラ書きますねん
筆が気に入らなかったらしく
うまくいかなかったら
あかんなぁ〜って顔して
まるで書道の達人のように首を傾げたりして

多分重度の高次脳機能障害のいっちゃんが
ここまで書くとは誰も想像してなかったんちゃうかな?

発見多いわ〜

そういう意味でオットではなく
ご利用者様として冷静に見ても
伸びしろというか
まだまだ色々できることがあると
思ってしまうわけです

障害の有無は関係なくて
もっというなら
年齢も性別も実は関係なくて
『人』として
教えられることがいっぱい

よく見ていると
いっちゃんだけじゃなく
全員のご利用者様が
人の行動をよく見ている
他の人に譲るなんてサラッとしてのけるし
空気読んでる

健康と言われる人でも
われ先にの人が多い中

私はいつも教えられることばかり
ギフトをいただいています
それをキャッチできる心を失わないでおこうと
思うのです

私の書初め?
実は学生の時
書道選択して
先生のところに入り浸ってました
お習字習ってたこともあるはず

お〜いどこ行ってんや〜(笑)(笑)
字綺麗に書けるようになりたい
努力目標です
いっちゃんに弟子入りしよかな(笑)

皆さん 最近筆持ちました?
もっというなら字書きました?
携帯ばかりで
とんと書くことが少なくなりました
反省です(笑)






コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ統計情報

  • 104,308 アクセス
笑いとばそう!!介護は続くよどこまでも~重度高次脳機能障害に大変身したオットと私の日々 - にほんブログ村
menu